映画館の座席トラブルと非常識人間を見た話

スポンサーリンク

先日、都内某所の映画館で話題の新海誠監督の「君の名は。」を鑑賞してきました。

その時に、すぐ近くの席で座席トラブルで揉めている現場に遭遇しました。

明らかに席に座っていたカップルが悪かったのですが、その人達が非常識人間だったため接客スタッフのトラブル対応の難しさを感じたという話です。

スポンサーリンク

事件の内容

登場人物

まず登場人物をまとめます。

年齢は外見から判断した私の予想です。

カップルA(30代):このカップルが非常識な人達です。

カップルB(20代前半):脇役

カップルC(10代か20代前半):一番割を食った可哀想な人達

スタッフ(20代前半):トラブル対応した男性スタッフ

序章

場所は、都内某所にある1000名弱入る映画館です。

話は映画が開始する前から始まります。

まずカップルAが最後列から2列目中央辺りの席に座っていました。

そこにカップルBが現れ、カップルAに座席の確認をします。

すると最初に座っていたカップルAが席を間違えていたようで、すぐ後ろの最後列の席に移動しました。

ここまではよくある話なので、カップルAが席を間違えて座ってしまったんだなと私は思っていました。

そして、そのまま何事もなく映画が始まります。

ちなみに私も最後列に座っていました。

事件発生

しかし映画が始まって数分経った頃に、最後列の後ろの通路にカップルCが現れ、席を探しているようでした。

そしてカップルCは、カップルAに席を間違えていないか確認していました。

それに対して、カップルAは「ここで合ってる。」とカップルCに一言返すだけでした。

カップルCはおそらく困っていたのだと思いますが、そのまま一度劇場を出て行ったようでした。

そしてスタッフを連れて戻ってきました。

スタッフは、カップルAに「座席のチケットを見せて下さい。」と伝えます。

カップルAが手元のチケットをスタッフに渡すと、スタッフが「この座席はもう一列前の席です。」と伝えます。

つまりスタッフは最初にカップルAが座っていた席が正しい席だと言ったのです。

そのため今度は、スタッフが一列前に座っているカップルBのチケットを確認します。

すると、そのチケットもカップルBが今座っている最後列から2列目の座席のチケットだったのです。

その動向を、映画そっちのけで耳を傾けてしまっていた私は「同じチケットが2枚??システムのミス??そんなことあるのか??」という感じでした。

急な幕切れ

2枚同じチケットがあることにスタッフは驚きながらも、2枚を見比べていてあることに気づいたようでした。

カップルAが持っていたチケットは、次の上映回のチケットだったのです。

つまり今見ている「君の名は。」の座席は、カップルBとカップルCの買っていた座席。

カップルAが買っていたのは、この後の上映回での最後列から2列目の座席チケットでした。

カップルAが違う上映回の席に座っていたのです。

そのためスタッフは、カップルAに上映回を間違えていること、今座っている席はカップルCの座席であることを告げ、カップルAに離席するように告げます。

しかしカップルAはスタッフに向かって「突然来て、あんた失礼じゃないか。」と急に逆ギレして言い放ちました。(そう言ったように聞こえた。)

すると、そのままスタッフはカップルCを連れて、劇場の外に出ていき、上映が終わるまで戻ってくることはありませんでした。

この成り行きを傍目で見て思ったこと

カップルAは確信犯の可能性

カップルAは、自分に非があることは間違いなく分かったはずです。

しかし席を空けずに、スタッフに凄むという態度を取りました。

また上映開始前のカップルBとの席のやりとりの際にも、同じ座席のチケットが2組あるのなら違和感を感じてスタッフに確認も出来たはずです。

しかしすぐに席を引き渡して、偶然開いていた後ろの席にすぐ移動したのが不思議です。

もちろん確信犯ではなく間違えただけの可能性もあります。

それでもこの人達は、自分の座席ではないことを知った時点で席を明け渡すべきだったと思います。

ただカップルAが間違った上映回のシアターに入れてしまったのは、入り口でチケット確認をしていた劇場スタッフのミスです。

カップルAもこの点では、被害者とも言えるのかもしれません。

スタッフの対応はそれで良かったのか

カップルAに逆ギレされて、すぐに立ち去ったスタッフですがこの対応はどうだったのか。

脇で聞いていた時は、随分あっさり引くんだなとは思いましたが、後から考えると正解なんだと思いました。

もしあの場で口論になってカップルAが騒ぎ始めた場合、映画を見ている1000名弱の全てのお客さんに影響が出る可能性があります。

最悪、上映が止まってしまい返金なんて話もあり得るわけですから。

それであればカップルCには申し訳ないけど、そのまま収める方を選んだのでしょう。

果たしてマニュアルだったのか分かりませんが、事を大きくしないためには良い対応だったのではないかと思います。

ちょっとだけネタバレになりますが、劇中にもマニュアル通りにクレーム対応するって話がありますしね。

ただ上映終了後にカップルAに対して、再度スタッフが話をしに来るのかなとも思いましたが、見た限りは何もありませんでした。

一番可哀想なカップルCはどうなったのか

さて一番可哀想だったカップルCはどうなったんでしょうね。

空いてる席に代わってもらったのか。

返金対応されたのか。

当然、上映中に外でどういう対応が取られたのか分からないため真相は分かりません。

でも何も悪くないのにトラブルに巻き込まれた彼らが一番可哀想ですからね。

T○H○シネマズさんの真摯な対応があったことを期待しています。

そもそも上映開始前に少し早めに席に着いていたら、こんな事にならなかったでしょうし。

ちなみにもし返金された場合、ドリンクの分はどうなるんでしょうね。

映画を見ないなら、ドリンクやらポップコーンって要らないですよね。

まとめ

以上が、映画館で見た座席トラブルと非常識人間の話です。

私は割と近くの席だったので、スタッフなど当事者達の会話がほとんど聞こえていました。

既に上映が始まっていたので、暗い上に小声でしか会話が出来ない中でのトラブル対応はやはり大変だったと思います。

しかし通常ではなかなか起こり得ないトラブルだったため、私も野次馬的に成り行きが気になって耳を傾けてしまいました。

そしてカップルCへの同情を感じたのとカップルAの面の皮の厚さと非常識さを反面教師にしたいと思いました。

以上です。