無料で充実した海外旅行保険!エポスカードは海外旅行に行くなら絶対に持っておくべき

写真は、私が実際に所有しているEPOSカード(ゴールド)です。

私は海外旅行には、このカードを必ず持っていきます。

そして海外旅行中に一番利用頻度が高いクレジットカードでもあります。

今回は海外旅行のお供に最強のクレジットカードが、エポスカードである理由をお教えします。

なおEPOSカードの一般カードとゴールドカードの基本的なメリットは同じです。

一般カードとゴールドカードとの違いや、私がゴールドカードにランクアップした方法も併せてお伝えします。




⇒エポスカードの公式情報はこちら

海外旅行に必須の海外旅行保険

海外旅行に必ず持って行きたい理由の一つが、海外旅行保険が付いている事です。

ではエポスカードの海外旅行保険が、優れている点をお伝えします。

申し込み要らずで保険が自動付帯

一般的に海外旅行保険と言うと、旅行会社経由やインターネット、空港などで申し込んでいる方が多いと思います。

いずれにせよ、申し込みの手間がかかるのと、旅行費用とは別に別途保険代金がかかるはずです。

費用は、旅行期間や行き先にもよりますが、大体は数千円~1万円程度ではないでしょうか。

しかしエポスカードを持っていると、事前の申し込みが必要なく海外旅行保険が無料で付いてきます。

さらに「事前の申し込みが必要ない」という部分がポイントです。

一般的に、クレジットカードに付いている旅行保険には、「自動付帯」「利用付帯」の2種類があります。

「自動付帯」とは、事前の申し込みや費用がかからず適用される旅行保険です。

「利用付帯」とは、そのクレジットカードを使って、航空券やホテル代など旅行に関わる費用を支払うのに「利用」した場合のみ適用される旅行保険です。

2つを比べれば、断然「自動付帯」の方が便利な事が分かると思います。

カードを使わないと適用されない「利用付帯」、持っているだけで適用される「自動付帯」の違いは必ず覚えておきましょう。

手元のクレジットカードでも、旅行保険が付いていると思っていたのに実は利用付帯のカードで、肝心な時に保険が適用されないなんて可能性もあります。

エポスカードの場合は、海外旅行保険が無料かつ自動付帯で付いているため安心です。

カードを海外旅行に持っていくだけで、大丈夫です。

充実した補償内容

EPOSカードに付いている海外旅行保険の保障は、クレジットカードの中でも充実しています。

もちろん年会費が数万円かかるようなハイクラスカードと比較すると劣りますが、年会費無料のカードの中では圧倒的に充実しています。

エポスカード|海外トラベルサービス|海外旅行傷害保険2_2

特筆すべき点として、傷害治療費用(1事故200万円)と疾病治療費用(1疾病270万円)の上限額の高さがあります。

傷害治療費用は、事故やケガにより病院で治療を受けた場合の費用です。

疾病治療費用は、食あたりや急な体調不良により病院で治療を受けた場合の費用です。

共に海外で最も利用する可能性が高いものです。

これらが他のクレジットカードの補償内容と比較して、高い上限が設定されています。

なお海外の病院での治療費は、国内の病院をイメージしていると法外とも思える高額を請求されます。

私も過去に東南アジアで犬に噛まれた時に、病院で治療費を日本円で40万円も請求されました。

もちろん保険が適用されたので、1円も支払わずに治療を受けることが出来ました。

世界No.1カードブランド「VISA」

VISAはクレジットカードの発行枚数、加盟店数で共に世界でNo.1のカードブランドです。

世界中のどこへ行っても使えると言える程、世界中で利用されています。

またVISAは、よくMasterCardと比較されますが、それぞれ一長一短あるため一枚だけ選ぶ場合には、どちらでも良いです。

逆に言うと、VISAかマスターカードのどちらかを選んでおくべきです。

私の経験上では、VISAやMasterCardが全く使用できない国や地域には、出会ったことがありません。

VISAブランドでの海外キャッシング対応

海外での現地通貨を入手する方法で一番オススメは、クレジットカードによる海外キャッシングです。

現金を両替して現地通貨を手に入れるのと比べて、両替にかかる手数料が安いためです。

もちろんエポスカードでも、キャッシング枠の範囲内で海外キャッシングが利用可能です。

また世界No.1のVISAであるがゆえに、VISA対応のATMは世界中のどこでも難なく見つけることが出来ます。

ただしPay-easyでの繰り上げ支払いには対応しておりません。

(ご指摘頂いたため、内容を修正致しました。)

年会費が永年無料

EPOSカードは、使用状況や登録内容に関わらず年会費が永年無料です。

この年会費無料というのも、EPOSカードを持つことをオススメする大きな理由の一つです。

ここまで充実した海外旅行保険が付いていながら、保障が自動付帯で年会費無料のクレジットカードは、ほとんどありません。

海外旅行によく行く人、たまにしか行かない人のどちらでも、持っていて絶対に損はしないと思います。

最短で即日発行可能

エポスカードは、なんと即日発行も可能です。

マルイの店頭受け取りであれば、EPOSカード公式サイトで申し込んでから最短で同日中にエポスカードを入手可能です。

これなら旅行の出発が近い方でも、利用可能です。

なお当日受け取りを希望する場合には、EPOSカード公式サイトで申し込み時に必ず受け取り方法の選択画面で「マルイ店頭受け取り」を選んで下さい。

なお海外キャッシングを希望する方は、ご自身のキャッシング枠の有無や、海外でのキャッシング利用の可否を店頭で確認して下さい。

※クレジットカードの発行及びキャッシング枠の利用可否は、クレジットカード発行会社の規定によります。

EPOSゴールドカードについて

では実際にEPOSカードを使用している私が、一般カードとゴールドカードとの違いや変えた理由をご説明します。

海外旅行保険の充実

ゴールドカードになるとエポスカードの最大のメリットである海外旅行保険の補償金額の上限額が上がります。

エポスカード|エポスゴールドカード_1

傷害治療費用:1事故200万円⇒300万円

疾病治療費用:1疾病270万円⇒300万円

となり、補償内容がさらに充実します。

補償内容が充実しているに越したことはありませんので、とても大きなメリットです。

年会費が有料だけど無料になります

ゴールドカードの年会費は、通常年間5,000円となっています。

なお年間利用金額が、50万円を超えると翌年以降は永年無料となります。

また一般カードを利用している時に、インビテーション(ゴールドへの招待状)が届いてゴールドカードに変更した場合には、年会費は一般カードの時と変わらずに無料のままです。

私はインビテーションを受けて、一般カードからゴールドカードに変更しました。

インビテーションの受け方

インビテーション受けるための確実な方法は明かされていないため、私の経験上の話をさせて頂きます。

私のEPOSカードの利用は、海外キャッシングがほとんどで、一部VISAによるカード支払いです。

年間利用額は50万円程度だったと思います。

そのためゴールドカードのインビテーションを受ける条件も、不可能なレベルではないと思います。

EPOSゴールドカードに変えるべきか

インビテーションが来たら、迷うことなくゴールドカードに変更しましょう。

VISAのゴールドカード保持者だけが受けられる特典などもありますので、年会費無料であればゴールドカードに変えて損はありません。

しかしインビテーションが来ていない場合には、初年度は年会費が必要になる事や年会費無料となる条件を考えると、一般カードで充分だと思います。

一般カードでも持っているだけで、充分すぎるメリットがあります。

まとめ

充実した海外旅行保険と年会費無料であること。

これが私の考える、海外旅行に行くならエポスカードを絶対に持っておくべき理由です。

私もほとんど海外でしか使いませんが、まさに「持っていて損のないカード」だと思います。

もし海外に持っていくクレジットカードを一枚だけ選べと言われたら、私は間違いなくエポスカードを選びます。




⇒エポスカードの公式情報はこちら

また海外キャッシングをEPOSカードよりお得に利用したいならセディナカードもオススメです。

海外キャッシング最強はセディナカード(マスターカード)!手数料最安で年会費も無料!
以前、私が海外旅行に絶対持っていくカードとして、EPOSカード(エポスカード)を紹介しました。 エポスカードには、海外旅行保険...

以上です。

コメント

  1. Kinaco より:

    初めまして、調べものをしていてこのページに辿りつき、自分の経験から気になった点があったので、コメントさせていただきました
    既に他の人から聞いていたり訂正されている事だったらすみません…

    キャッシングしてPay-easyで繰上げ返済する事で利息を抑える手段で「なおエポスカードの場合には、キャッシング利用から数日以内には金額が確定します。金額が確定すれば、いつでもPay-easyで支払いが可能です。」とのことですが、エポスカードは数日では確定されず、その月の請求額が確定されてから出なければ返済出来ません。
    実際、私もPay-easyに対応しているのだから出来るものとして試してみたのですが、待てど暮らせど「今回ご請求がない、もしくは今回ご請求についてすでにご入金済みのお客様はご利用いただけません」と出て支払うことができず、結局、確定額の出る1か月後にやっとキャッシングの金額が表示された有様です…。私の調査不足でしたが、きちんと紹介されているサイトがありました。
    http://www.card-user.net/1009.html

    私はエポスを海外保険用にセディナをキャッシング用に愛用しています。

    • shaw より:

      ご指摘頂きありがとうございます。
      また誤った情報をお伝えしてしまい、申し訳ございませんでした。
      私が実際に利用した時が、「月末に海外でキャッシング利用後に月初の確定日後にPay-easy支払い」していたためにキャッシング利用から数日内に金額が確定したように見えていたのが原因だと思われます。
      とはいえ私のお伝えしていた情報に誤りがあったことに間違いはありませんので、誤った情報の削除とその旨を記事に反映致しました。