男性の衣類はユニクロで十分だと思う。

スポンサーリンク

ここ数年、私は普段の街歩きで着る私服はユニクロでしか購入していません。

もちろん機能性を求めて、アウトドアブランドの衣類を購入することはあります。

これらは値段も高いため長く使うことが前提であるのと、どちらか言うと旅グッズや便利アイテムのようなイメージで購入しています。

今日はシンプルライフを送る男性にとって、普段着がユニクロで十分だと思ったワケについてお話します。

スポンサーリンク

清潔感がある

私は男性のファッションで最も重要なのは清潔感だと思っています。

小綺麗な格好さえしていれば、ブランドや価格など関係ないという持論です。

ユニクロのデザインは無難な物が多いため、普通に着ていれば清潔感がある服装になります。

コストパフォーマンスが良い

最近のユニクロは値上げした上に品質が下がったなんて話も聞きますが、やはり未だにコスパは良いと思います。

特に品質面では、海外のユニクロ以外のファストファッションを含む安価な衣類と比べると、まだまだ差があります。

また価格も抑えられているため、買い替えが気軽に出来るのもプラスに働きます。

日本中は勿論、世界の大都市でも同品質の物が揃う

ユニクロは日本中の全ての都道府県に出店しています。

郊外ではロードサイド店舗を、都市部ではテナント店舗が沢山あります。

そのため日本中どこにいっても、同じ物を購入することが出来ます。

海外でもアジアを中心に、多くの国に進出しています。

まだまだ一部の大都市に限られますが、海外でも同じ品質で同じアイテムが入手出来るのは非常に便利です。

勿論自宅に帰ってからも、いつも通り使う事が出来ます。

女性受けも悪くない

(私の知る限り)小綺麗な格好をしていれば女性からの評判も悪くありません。

またオシャレな女性でも、コーディネートの中に1つや2つはユニクロを取り入れていたりします。

日本国内でユニクロの製品を1つも持っていないという人は、少ないんではないでしょうか?

そういう意味でも皆から愛されるブランドとして評価されているからだと思います。

まとめ

長く使っていくことを前提としたコートやスーツなどを除くと、基本的に衣類は消耗品だと思います。

そのため消耗品と割り切ってしまうと、衣類はコスパが良くてシンプルなデザインが多いユニクロで十分だという理由をお伝えしました。

それに、きちんと清潔感のある格好をしていれば、そこそこオシャレにまとめられるので異性からの評判も良いですよ。

今日は、そんな私のファッションに対する考えのお話でした。

以上です。