モバイルバッテリーをミニマル化しました。ケーブルも内蔵されています。

スポンサーリンク

モバイルバッテリーを先日紛失してしまいました。

正しく言うと、友人宅に置いてきてしまったのですが。

なかなか予定が合わず受け取るのも難しい上に、わざわざ送ってもらうのも…という感じでした。

そのためどうせならもっと小型軽量化しようと思い、新しく購入することにしました。

お古のモバイルバッテリーは、そのまま友人の奥様に譲ることにしました。

では早速ですが、購入したモバイルバッテリーを紹介していきます。

スポンサーリンク

選んだ理由

今回選んだのは、「MOCREO(モクリオ) 超薄型モバイルバッテリー LAVO-2500」という物です。

やはり選ぶ時に考えたのは、本体サイズが出来るだけ小さい事です。

また先日まで使っていたモバイルバッテリーは、丸い筒状(円柱型)のタイプでした。

この形状だとカバンに入れるには良いのですが、ポケットに入れた時に膨らんでしまうのが難点でした。

そのため、新しく買うものは出来る限り薄い物が希望でした。

ポケットに入れても邪魔にならず、手ぶらで出かけるEDCにも加えられる物を選びました。

実物レビュー

今回購入した「LAVO-2500」は、カードを一回り大きくした程の大きさです。

mobilebattery_size_1

いきなりステーキの肉マイレージカードとMacBook Airの間に置いてあるのが「LAVO-2500」です。

また薄さもこの通りです!

厚さはたった6.6mmでかなり薄いです。

mobilebattery_size_2

MacBook Airと並べても、その薄さが分かると思います。

mobilebattery_size_3

容量は2500mAhと小さいですが、緊急時の充電用途としては十分です。

充電速度は、電流量が「1A」なので最近のモバイルバッテリーとしてはちょっと遅めです。

mobilebattery_spec_1

しかし速度は体感として、そこまで気になるほど遅くはありません。

また本体のケーブルの端子はmicroUSBなのですが、lightning用のコネクタが付属しています。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-27-23-45-03

コネクタはこのように本体に収納されています。

つまりコレ一台でAndroid端末やKindle、iPhoneやiPadなど様々な端末の充電が可能です。

ただし青色のケーブルはモバイルバッテリー本体から外せないので、バッテリーの充電には別で充電ケーブルが必要です。

mobilebattery_cable_1

また複数端末を充電するにはバッテリー容量が足りないので、実際に充電する端末はどれか1つ選ぶ必要があるでしょう。

私はスマホはiPhoneだけですし、Kindle Paperwhiteは電池の持ちが良いので外で充電する必要はないので1台分で十分です。

まとめ

以上が、新しく購入したモバイルバッテリー「MOCREO LAVO-2500」です。

これを購入したことでカラビナに着けていた充電ケーブルの必要性が薄れました。

カラビナの構成が変わったので再紹介します。(2016年8月)
以前、私のEDCの1つであるカラビナの内容を紹介して一ヶ月半しか経っていませんが、構成を変更したので改めて紹介します。 以前紹介した時...

これらをバッテリー充電用のケーブルとして流用するか、旅行用とするか、活用方法を考えたいと思います。

なお2500mAhというサイズであれば全く問題ありませんが、モバイルバッテリーを持って飛行機に搭乗する際には注意が必要です。

預け入れ荷物に一般的なモバイルバッテリーは入れられませんよ。

詳しくまとめたコチラの記事も参考にして下さい。

意外な盲点?モバイルバッテリーの飛行機搭乗時の制限と使用ルール
「モバイルバッテリーを持っていますか?」 スマホユーザーにこう質問したら、今や「持っていない」と答える人が少数派なのではないでしょうか...

以上です。