ドライクリーニングをキャッシュレス化できた。

スポンサーリンク

約半年前に引っ越してからというもの、自宅の近所にSuicaでの電子マネー対応したクリーニング店を見つけられずにいました。

そのため直近半年間は、衣類のドライクリーニングを利用する際には現金支払いをせざるを得ない状況だったのです。

しかしようやく自宅近くにSuica/PASMOでの電子マネー支払いに対応したクリーニング店を見つけることが出来ました。

今まで利用していたクリーニング店から徒歩1分程の至近距離ながら、非常に分かりづらい場所に隠れていました。

スポンサーリンク

引っ越す前は最寄り店が電子マネー対応店舗だった

引っ越す前の自宅最寄りのドライクリーニング店は、Suica/PASMOを始めとする各種電子マネー決済に対応していました。

しかし引っ越し後の自宅周辺を探した限りでは、どこの店舗も現金決済のみだったのです。

そのため引っ越してからドライクリーニングを出す度に現金払いをしなければならなくなった事が、ずっと心の中でモヤモヤしていました。

やはりキャッシュレス生活を推進するためにも、生活で必要なサービスを出来る限りは現金を使わずに受けたいと思っています。

白洋舎は多くの店舗でSuica払い対応

今回電子マネー対応のドライクリーニング店として見つけたのは、日本のクリーニング業界最大手で老舗クリーニングチェーンである「白洋舎」の店舗でした。

完全に盲点でしたが、白洋舎さんは、どうやら多くの店舗で電子マネー支払いに対応しているようです。

今回見つけるキッカケになったのも、出かけた時に自宅からは遠い店舗を覗いた時にSuica支払い対応の表示が見えたためです。

その後、自宅周辺に白洋舎の店舗がないのか調べた事で今回の発見に至りました。

つまり全店ではないと思いますが、多くの店舗(特に都内)ではSuica/PASMOなど電子マネー対応していると思われます。

また調べた範囲では、WAON対応店舗などもあるようです。

白洋舎の評判

どうやらネットを見る限りでは、「値段は少し高め」「クリーニングの質が高い」という評価でした。

確かに料金表を見ると、若干値段が高めですが「質」が高いのであれば費用対効果としては悪くないと思います。

現金払いのストレスから開放されて、今までより綺麗にドライクリーニングが仕上がるのであれば十分見合う投資だと思います。

まとめ

ようやくドライクリーニングを再度キャッシュレス化する事が出来そうです。

私が普段利用するサービスの中で、対価としてお金を支払う際に電子決済に全く対応していない支払いは、ほぼないに等しくなったと思います。

まだまだ完全なキャッシュレス生活には遠いですが、これからも淡々とキャッシュレスライフを送っていきます。

以上です。

コメント

  1. 名無し より:

    自分もキャッシュレス生活を目指してるので記事助かります
    最近常連になったラーメン店が現金のみなので小銭も持ち歩かざるを得なくなりました(‘A`)

    • shaw より:

      コメントありがとうございます。
      少しでも参考になっていれば幸いです。
      私もラーメン店のキャッシュレス化は達成が出来ていませんね。。
      ラーメンを含む個人経営の飲食店での支払いは、現金払いでも仕方ないと割り切ってしまっています。