液体物の機内持ち込み制限をまとめてみました。

スポンサーリンク

自分のメモも兼ねて、飛行機への持ち込み手荷物の液体制限についてまとめました。

100ml以下の小分け容器を探している方のために、オススメもいくつか紹介します。

スポンサーリンク

液体制限となる対象

飲料、クリーム、ローション、オイル、香水、スプレー、シャンプー、シェービングフォーム、防臭剤等のエアゾール、歯磨き粉などの練り物、半固形物などが対象となります。

いくつか例を挙げると、液体調味料、チョコクリームやピーナッツバター、味噌、キムチなどが対象となります。

完全な液体でなくとも、水分が多いものは注意が必要です。

国内線の場合(日本)

ginkaku-ji-temple-1464542_1280

国際線に比べると、規制が少ないです。

あまり気にせずとも問題にならない場合が多いですが、一部注意が必要な物を記載します。

アルコール飲料

アルコール類は機内への持ち込みは可能。預け入れも可能。

ただし、アルコール度数が24%~70%のものは一人につき5リットルまで。

化粧品・香水・医薬品

非放射性のものは、機内持ち込み可能。預け入れも可能。

ただし、1つにつき0.5kgまたは0.5リットル以下で、一人につき2kgまたは2リットルまで。

国際線の場合

statue-of-liberty-1433761_1280

国際民間航空機関(ICAO)に加盟する日本を含む191カ国の国を出発する際、ICAOが定める基準のもと航空機内への液体物の持ち込みが制限されています。

そのため国内線に比べると、液体の持ち込みは厳しく制限されています。

3つの基本ルール

100mlまたは100g以下の容器

液体物を入れる容器は、100mlまたは100g以下の大きさでなければダメです。

中身が減っていても、容器の容量が100mlを超えている場合には持ち込み不可です。

逆に言うと、同じ物も小分けにすれば、複数持ち込むことが可能です。

100mlでは旅行中に足りない物の場合は、容器を複数に分けて1つ1つが100ml以下であるようにしましょう。

稀に小分けした容器が100ml以下であるか確認される場合がありますので、容器に容量が書かれているとなお良いです。

合計した容量が1リットル以下

10043-lang-multi._2jpg

画像引用元:ANA 機内持ち込み手荷物の制限について

100ml以下に小分けした液体容器を、さらに容量1リットル以下の透明なプラスチック袋に入れる必要があります。

透明なプラスチック袋とは、食品を保存するジップロックの様なもので、縦横の合計サイズが40cm以下が目安となります。

また開けたり封をしたり出来るよう再封可能である必要があります。

透明なプラスチック袋は一人1つまで

液体をボトルに小分けにしてジップロックにまとめたとしても、一人につき1袋までしか持ち込めません。

そのため預け入れ荷物がある場合には、機内に持ち込む必要がある物を搭乗前に選んでおきましょう。

預け入れ荷物がない場合には、全てが1リットルの範囲に収まるように厳選しておきましょう。

制限の対象外

保安検査後に購入した物

酒類、ペットボトル飲料など保安検査後の免税店や自動販売機などで購入した液体は、機内持ち込み可能です。

機内は乾燥しているため、水など飲み物は持ち込みようにしましょう。

LCCのようにドリンクサービスがない、もしくは有料だったり、あっても飲み物が欲しい時にドリンクサービスがあるとは限りません。

医薬品及びベビーフード類

医薬品やミルクを含むベビーフード類は液体規制の対象外となります。

使い捨てコンタクトレンズやコンタクトレンズの洗浄液は、医薬品に入るため液体規制の対象外となり自由に持込可能です。

ただし医薬品の場合には、処方箋が求められる場合があるため注意が必要です。

私は過去にコンタクトレンズに関して、処方箋を求められた経験は一度もありません。

またベビーフード類は、当然ですが乳幼児が一緒に搭乗する場合のみです。

注意点

トランジット(乗り継ぎ)

乗り継ぎ時の保安検査では、出国時の保安検査後に購入した液体も再度保査されます。

その際に機内持ち込み制限が適用され没収される場合があります。

そのため乗り継ぎがある場合には、出国時には免税店での酒類の購入はせずトランジットする空港で購入するようにしましょう。

※トランジットする国によってルールが異なります。

国内線での適用

EU加盟国(スイス、ノルウェー、アイスランド含むEU域内線)、米国、カナダ、インド、フィリピン、香港、タイ、ロシア

これらの国では、国内線においてもICAOが定める国際線と同じ同じルールが適用されます。

EU圏内で複数国を周遊する場合や、国土の広いカナダやアメリカでの旅行時には、特に注意が必要です。

容器のオススメ

ボトルタイプ

オススメは、無印良品の「ポリエチレン小分けボトルワンタッチキャップ」という商品の50mlと100mlです。

4548718994366_1260

ちなみに本体に容量サイズの表記はありません。

主にシャンプー、コンディショナー、化粧水、乳液、液体洗剤などを入れるために利用していました。

今は50mlの容器に、日焼けや乾燥対策で化粧水を入れたものだけを使っています。

その他を使わなくなった理由は、単純にマジックソープの固形石鹸タイプで全て事足りているからです。

シャワーから洗濯まで何でも洗える!旅行中のマジックソープは万能です
DR.BRONNER'S(ドクターブロナー)のマジックソープをご存知でしょうか。 このマジックソープの固形石鹸タイプが、旅行中の石鹸と...

クリームケース 100ml

オススメは、「生活の木 クリーム容器 100ml」です。

入れているものは、ヘアワックスです。ワックスと言ってもジェルのようなゼリー状の物です。

この容器は相当探しました!

私の使っている整髪料は、一度に量を使うため、旅行期間が一週間を超えてくると100mlは欲しいと考えていました。

でも私の使っている整髪料が大きなサイズしかないし、大きいタイプのクリームケースがなかなか売っていない。

そんな時に見つけたのが、このクリームケースでした。

プラスチック袋

ジップロックであれば、Mサイズが丁度良い大きさです。

ただ正直同じようなものが100円均一ショップで売っていますので、それで十分です。

破れた時のために、予備を持っていくことをオススメします。

まとめ

改めてまとめてみると、意外な注意点が多いですね。

私が普段機内に液体として持ち込む物は、化粧水と整髪料だけなので1リットル制限に対してはスカスカです。

そのため旅行期間が長い場合は、別の容器に同じ物を入れて増やせば済みます。

ただ女性の場合には、化粧品も加わりますので大変だと思います。

でもしっかりルールを守って、空港で取り上げられないようにしましょう。

以上です。

みんな持ってないけど旅行中にあると便利な物
周りがあまり持ってないけど、あると意外に便利な旅グッズ。 そんなテーマで今日は旅アイテムを紹介したいと思います。 私なりに過去の...