シャワーから洗濯まで何でも洗える!旅行中のマジックソープは万能です

スポンサーリンク

DR.BRONNER’S(ドクターブロナー)のマジックソープをご存知でしょうか。

このマジックソープの固形石鹸タイプが、旅行中の石鹸として万能なため私も愛用しています。

以前、こちらの記事でも紹介しています。
http://stn-life.com/2016/06/21/post-189/

今日は改めてマジックソープに焦点を当てて、その特徴とレビューを兼ねた感想をお伝えします。

スポンサーリンク

マジックソープの概要

16年連続でナチュラルソープ全米売上No.1

 Dr.ブロナー マジックソープのルーツは、中世にまでさかのぼります。その昔、スペインカスチール地方の旧カステリア王国で王族が愛用していたカスチール石鹸と呼ばれる天然の植物オイルをもとにした貴重な石鹸がありました。このカスチール石鹸を再現したものがDr.ブロナー マジックソープなのです。

 Dr.ブロナー マジックソープは1948年にエマニュエル・ブロナー氏によってカリフォルニアで販売が開始され、品質の高さと環境への優しさが支持され少しずつ売上が拡大していきました。そして、1960年代後半にはエマニュエル・ブロナー氏の人々に共感を与える感動的なメッセージと共に、環境に優しい製品の地位を確立し売上を爆発的に増加させました。さらにその後10年の間に全米のあらゆる健康食品店の店頭に製品は並び、次第に主流な店舗にも広がっていきました。

 今では社会のあらゆる層の人々からの支持を獲得し、全米で16年連続No.1の売上を誇るナチュラル石鹸にまで成長していったのです。

ドクターブロナー日本公式HPより引用

日本国内でも人気が高いですが、本国アメリカでは16年間もNo.1を取り続けているオーガニックソープの代表とも言えるブランドです。

液体と固形の2タイプ

マジックソープには液体石鹸タイプと固形石鹸タイプの2種類存在します。

液体も固形も石鹸としての性能は、ほぼ同じと考えて問題無いです。

少なくとも私は両方を利用してみて、肌への使用感や汚れを落とす性能で、大きな違いは感じませんでした。

また液体タイプは、サイズも大中小と3種類あります。

一番小さなボトルでも236mlと機内持ち込み可能なサイズを超えるため、海外旅行には持っていけません。

そのため私は、旅行には機内持ち込み可能な100ml以下のボトルに詰替えて使用していました。

今は海外にも気軽に持っていけるため、マジックソープバーという固形タイプを使用しています。

11種類の豊富なフレーバー

液体、固形でそれぞれ11種類のフレーバーが販売されています。

アーモンド
グリーンティー
サンダルウッド&ジャスミン
シトラスオレンジ
チェリーブロッサム
ティートゥリー
ベビーマイルド
ペパーミント
ユーカリ
ラベンダー
ローズ

オススメは好みがあるため選ぶのが難しいですが、いくつか例を挙げます。

ベビーマイルドは、ほんのり自然なソープの香り。

シトラスオレンジは、甘いオレンジの香り。台所用洗剤の匂いのイメージ。

ペパーミントは、爽快感があり夏場のボディーソープには最適。

利用用途

私は旅行中には、文字通り何を洗うのにもマジックソープを使っています。

(自宅でも風呂に入る時には、全身をこれで洗っています。)

では旅行で実際に使用する場面を中心に、例を挙げて紹介します。

シャワー・風呂

シャワーを浴びる時には、これで全身を洗います。

体はもちろんですが洗顔、洗髪と、まさに一度に全てを洗うことが出来ます。

ちなみに髪の毛を洗うと、髪が少しキシキシになるため女性など髪の長い方は、ヘアオイルなどを併用されると良いと思います。

あと液体石鹸タイプは、一般的なボディーソープやシャンプーと比べると、粘り気が少なくシャバシャバです。

ボディータオルやフェイス・ウォッシュ用のネットがあれば、少ない量でも簡単に泡立つため便利です。

持って行かない場合には、固形石鹸タイプが良いと思います。

どちらにせよ、旅行にはいきなり持っていかず、一度自宅で試すようにして下さい。

あと試したことは無いですが、バブルバスにも使えるのではないかとも思います。

私は自宅でも全身を、上から下まで全てマジックソープで洗っています。

また洗顔をした時には、そのまま髭剃りもします。

洗濯

旅行中の衣類の洗濯にも使用可能です。

洗面台やバケツなどに、ぬるま湯か水を溜めて、もみ洗い、漬け洗いで汚れを落とせます。

匂いが強めのフレーバーの場合には、洗った後の衣服に香りが残るので芳香剤代わりにもなります。

ちなみに選択時間を短縮するためにシャワーを浴びながら、足元で踏み洗いも可能ですよ。

持ち帰る?ホテルで洗う?旅行中の洗濯物の処理
旅行中の洗濯物はどうしていますか? ほとんどの方は自宅まで持ち帰り、自宅で洗濯すると思います。 しかし長期の旅行では、期間中に必...

私は自宅では、専用の洗濯用洗剤、漂白剤、柔軟剤を使用しますが、旅行中はいつもマジックソープで洗濯物を洗っています。

その他

この他にも、メイク落とし、犬などペットのシャンプー、部屋の掃除や食器洗いにも使えるようです。

フレーバーによっては、香りが強いので部屋の芳香剤なんて使い方も出来るらしいです。

試したことはないですが、歯磨きも出来るらしいです…

感想

洗浄力

シャワー、洗濯共に全く問題無いレベルです。

逆に言うと、「めちゃくちゃキレイになる!」という感想も持ちません。

あくまで「実用レベルで何でも洗える」というのがマジックソープの良い所だと思っています。

消費量

一本でどのくらい持つのか気になる所だと思います。

まず液体より固形の方が、持ちが良いしコスパも良いです。

固形タイプは、自宅のシャワーで全身洗うのに利用して大体2ヶ月弱でなくなります。

旅行であれば1個持っておけば、1ヶ月を超える長期でも対応出来ます。

液体タイプは、旅行中にシャワーから洗濯まで全て使って、一週間~10日間で100mlのボトルが無くなります。

液体物なので、期間に合わせて100mlのボトルを1本、2本と増やせば長期にも対応出来ます。

もちろん預け入れ荷物に入れれば、100ml単位で小分けにする必要もありません。

また髪の長い人の場合は、シャンプーとして使うともっと早く減ると思います。

購入できる場所

私は日本国内では、いつもAmazonなどネット通販で購入しています。

固形、液体、サイズ、フレーバーが全て揃っていて、すぐに届くのがやはり魅力です。

もし旅行中になくなった場合には、オーガニック製品を取り扱うお店に行くと結構売ってます。

まとめ

以上が、私がマジックソープを最強の洗剤と考える理由です。

旅行には、この5年程はマジックソープしか洗剤を持ち歩いていません。

体や髪から洗濯物まで何でも洗えるし、固形を使えば液体持ちこみにも引っかからない。

荷物を減らしたい旅行者には、全力でオススメします。

以上です。