次期iPhoneにFeliCa搭載の噂があるけど特にメリットを感じない。

スポンサーリンク

9月発売が噂される新型iPhone7/7 Plus(仮)に関して、おサイフケータイの名前で知られるFeliCaが搭載されると言われています。

もし本当だとしたら、ようやくという感じはありますがiPhoneの使い勝手がもう少し良くなるでしょう。

しかし今の私の生活に与える変化はないと思っています。

今回はその結論に至った理由をお伝えします。

AndroidユーザーからすればFeliCaなんて今さら感が強い話ですが、私を含むiPhoneユーザーのために。

スポンサーリンク

モバイルSuicaの対応範囲は限定的

FeliCa対応で真っ先に思いつくのが、モバイルSuicaが利用できるようになることです。

つまり今まで別で持っていたSuicaのICカードを使わずとも、iPhoneを改札でかざせば電車に乗ることが出来るようになります。

確かにSuica機能を携帯電話と一体化出来るのは良いのです。

しかし私鉄や東日本以外のJR定期を購入している人にとっては、あまり意味がありません。

なぜならば、モバイルSuicaはJR東日本の駅を経路の途中で利用しないと、定期券が購入できないからです。

(詳しくは、JR東日本のHPで。)

もちろん定期券を使用していないのであれば、手元のSuica/PASMOなどの交通系ICカードから切り替えるチャンスです。

しかし通勤・通学で電車を利用している人が多い事を考えると、やはり恩恵を受けられる層はJR東日本ユーザーに限られるため限定的です。

ちなみにまさに私が私鉄ユーザーなため、今回は恩恵を受けることはないと考えています。

Suica以外の電子マネーへの対応

Suica以外にも楽天EdyやWAON、nanaco、iD、QUICPayなども利用できるようになるでしょう。

しかし私が利用する電子マネーはPASMOだけであり、これらは現在利用していない事を考えると必要性を感じません。

強いて言えば、iDとQUICPayの後払い式のどちらかは、利用可能な店舗次第で使うかも知れません。

電子マネーだけでは財布要らずとはならない

現在私はスマホケースの中に、クレジットカードと若干の紙幣を入れています。

しかしiPhoneに電子マネーが搭載されるだけでは、スマホケースを断捨離するまでには至りませんね。

決済面を考えると、高額決済にも対応出来るクレジットカードはやはり必須です。

またいくらキャッシュレス生活と行っても、緊急用の現金を多少は持ち歩く必要があります。

そうなるとiPhoneに電子マネーが搭載されたとしても、結局クレジットカードと紙幣を持ち歩く財布が必要になってしまいます。

となると結局「iPhone+財布」の組み合わせになるため、それであれば現在の「スマホケースが財布になったiPhone」の1つで十分です。

私のEDC(2016年6月)
EDC(Every Day Carry)とは、文字通り「毎日持ち歩く」と言う意味で、いつも持ち歩いているアイテムの事です。 日本では、...

まとめ

まだ公式発表がされていないため噂の域を出ませんが、次期iPhoneのFeliCa対応の有無が世間の大きな感心事になっていますね。

私も最初にニュースを聞いた時は、少しだけザワつきました。

しかしよく考えてみると、今回お話しした通りの結論を得ました。

もしFeliCa対応されたとしても、私としては現時点でメリットはありません。

むしろiPhoneケース内に入れているPASMOと干渉してしまって、使いづらくならないか心配なくらいです。

以上です。