所有するiPhone 6sがバッテリーの無償交換補償の対象でした。

スポンサーリンク

先日、Appleが「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」を発表しました。

実際にAppleのHPで自分の端末のシリアル番号を調べてみたら、見事に適用対象でした。

無償でバッテリー交換が受けられるようですが、当分は交換せずにそのまま使用することにしました。

スポンサーリンク

今回の「問題に対するプログラム」の全容

まずは「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」とはどんな不具合なのか調べました。

AppleのHPには次のように書かれていました。

ごく一部の iPhone 6s が突然シャットダウンする (電源がオフになる) 場合があることが判明しました。これは安全性に関わる問題ではありません。この問題の影響が確認されているのは、2015 年 9 月から 10 月までの間に製造され、シリアル番号が特定の範囲内にある iPhone 6s のみです。

お使いの iPhone 6s にこの問題が発生したことがある場合は、下のボックスにシリアル番号を入力して、その iPhone 6s が本ブログラムの適用対象かどうかをご確認ください。本プログラムの適用対象である場合は、その iPhone 6s のバッテリーを無償で交換させていただきます。

(Apple公式HPから引用)

つまりiPhone 6sの一部の端末で、電源が突然落ちる不具合があるという事です。

その原因はバッテリーにあり、対象の端末を持っている場合には「無料でバッテリー交換」をしてもらえるようです。

あくまで「バッテリー交換」であって、本体を交換してもらえるわけではありません。

そのため画面の割れが酷い場合など他に修理が必要な場合には、そちらの修理をしないとバッテリー交換を受け付けてくれない事があるようです。

バッテリー交換してもらう方法

実際にバッテリー交換する方法も調べてみました。

大きく分けると3つあるようです。

Apple Store 直営店へ持ち込む

一部の大都市に限定されますが、「Apple Store 直営店」に持ち込むのが一番の早道でしょう。

2016年12月現在で日本国内には、Apple Storeが8店舗あります。

ただし東京(銀座、渋谷、新宿)、仙台、名古屋、大阪、福岡と場所が限られるため、近くにない人は他の方法を探す必要があります。

正規サービスプロバイダへ持ち込む

日本全国にAppleの「正規サービスプロバイダ」と呼ばれるApple製品の修理や購入が出来る店舗があります。

大手家電量販店や「カメラのキタムラ」などが対象です。

これらは全国各地にあるため、郊外に住んでいる方でも利用しやすいでしょう。

ただし全ての「正規サービスプロバイダ」で必ず対応できるわけではありません。

そのため事前に店舗へ電話なり問い合わせて確認する必要があります。

Appleリペアセンターに送る

Appleのテクニカルサポートの中には「配送修理」というサービスがあります。

これはAppleリペアセンターへ手元の端末を送って、修理して戻してもらえるサービスです。

これなら自分の住所が日本全国のどこであろうと宅配便各社のいずれかの配達が受けられれば、修理が出来ます。

ただリペアセンターに端末を送ってから手元に戻ってくるまで、早くても数日は時間がかかります。

その間は代替機の用意はないので、iPhoneなしの生活となります。

でもまだバッテリー交換はしません

以上、実際に修理する方法まで調べましたが、現時点では私は「バッテリー交換」を受けません。

理由は単純です。

該当端末の発売日から3年間は無償で受けられるため、もう少しバッテリーが劣化した時に持ち込もうと思っています。

電源が突然落ちる不具合と言っても、「確かに言われてみれば…」という程度で不便をあまり感じていませんでした。

そのため少なくとも、あと数ヶ月は様子を見ます。

ちなみに私のiPhone6sは発売日から一週間後くらいに購入(受け取り)してますので、現在使用開始から約15ヶ月です。

あと半年もしたらバッテリーがヘタる可能性も十分あるでしょうから、そのタイミングで「無償バッテリー交換」を受けようと思います。

まとめ

以上が、私の所有するiPhone 6sがバッテリーの無償交換補償の対象でしたがバッテリー交換はまだしないという話です。

もしiPhone6sを使用していて2015年9月~10月に購入したという方は必ず調べておきましょう。

iPhoneを含むスマホのバッテリーは必ず劣化しますので、遅かれ早かれバッテリー交換を無償で受けられるのであれば受けるべきです。

私はもう少し様子を見ますが、既にバッテリーがヘタってきている方はすぐにバッテリー交換しても良いと思います。

以上です。