月額980円で132万冊以上が読み放題!Kindle Unlimitedが日本国内でサービス開始

スポンサーリンク

遂にアマゾンジャパンが本日(2016年8月3日)より、月額980円で電子書籍が読み放題になる「キンドル アンリミテッド」のサービスを開始しました。

既に同サービスはアメリカを始め、世界各国でサービス開始されていたため、数ヶ月前から日本でのサービス開始が待たれていました。

ちなみに日本は世界で12番目のリリースのようです。

今回は、そのAmazon Kindle Unlimitedの詳細情報をまとめました。

スポンサーリンク

読み放題の対象は132万冊以上

12万冊以上の和書と120万冊以上の洋書が読み放題の対象となっています。

和書の中には、活字本だけでなくコミックや240誌以上の雑誌も含まれています。

ただし同時に利用できるのは10冊までとなっており、読み終えた物を削除することで新しい本を読むことが出来ます。

もちろん一度削除した本も、もう一度ダウンロードすることは可能です。

Amazon端末以外でも利用可能

Kindle Unlimitedは、Amazonが販売するKindle端末以外でも利用することが出来ます。

つまり手元にあるiPhoneやAndroid端末のスマートフォン、タブレットやWindows、Macのパソコンで利用可能です。

Kindleアプリをインストールさえすれば、Kindleを持っていなくてもOKなんですね。

先日Kindle Paperwhiteを購入した私にとっては、嬉しいような悲しいような内容です。

Kindleを買ったら読書ライフが驚く程快適になった話
既に発売から数年経ち特に目新しさもないですが、2ヶ月ほど前にKindle Paperwhiteを購入しました。 買ってみたら驚くほど読...

お試しで30日間無料で利用可能

月額利用料は980円となっていますが、30日間無料で無料体験が出来るようです。

⇒Kindle Unlimitedの30日間無料体験の公式情報

ただし30日間の無料期間終了後には、自動で有料会員に更新されますので、注意が必要です。

まとめ

待ちに待った「キンドル アンリミテッド」のサービスがリリースされました。

洋書120万冊に対して和書12万冊と日本語の書籍はまだまだ少ないですが、これからどんどん増えていくでしょう。

どうやら読まれた本の割合で収益が各出版社に分配されるようですので、各出版社との調整に手間取っているのだと思います。

それでも和書12万冊という膨大な数の書籍が読み放題というのは、大変なことですね。

以上です。