LCCの賢い使い方を伝授!決して安かろう悪かろうではありません。

スポンサーリンク

「LCC」という名称は、ここ数年で一気に知名度が上がりました。

しかし名前を聞いたことはあるが、実際には利用したことはない方も多いと思います。

また値段が安いというイメージだけ先行して、その実態を知らない人も多いと思います。

そこで今回は、LCCに関する基礎知識や利用するメリット・デメリットを紹介します。

併せてLCCを上手に利用するために、知っておくべきLCC活用テクニックもお伝えします。

スポンサーリンク

LCCってナニ?

doubt-623847_1280

LCCとは「Low Cost Carrier(ローコストキャリア)」の頭文字を取った略称で、日本語では一般的に「格安航空会社」と訳されます。

文字通りの低価格で飛行機を利用できるため、移動費用を節約したい長期旅行者や若者には絶大な人気を誇ります。

またLCCに対して、日本のJALやANAなどの航空会社はレガシーキャリアもしくはFSC(Full Service Carrier:フルサービスキャリア)と呼ばれています。

これら2つの違いは航空券の価格にもありますが、価格の差が出来る理由である「サービス」の差が一番の違いと言えます。

レガシーキャリアでは機内食、荷物の預け入れ、座席指定など無料で受けられるサービスが、LCCでは有料サービスとなっています。

しかし中には、それらのサービスが必要なかったり、必要なのは一部だけという人もいます。

つまり必要なサービスだけを各自がオプションで選ぶことで、不必要な物にお金を支払う必要がなくコストパフォーマンスが高くなるのです。

逆にLCCで全てのサービスを申し込んでしまうと、レガシーキャリアと比べて同等または割高の料金になります。

また一般的にLCCでは、一つ一つの席の幅を狭くして座席数を増やし、一度により多くの顧客が利用できるようにしています。

これは飛行機を一度飛ばすのにかかる費用が、乗っている人の数に関わらずほぼ同じためです。

(厳密に言うと、重さが変わるので燃費も変わりますが簡略化のため除外しています。)

そのためLCCでは、たくさんの乗客を乗せることで一人あたりの運賃を安くすることが出来ているのです。

LCCのメリット

childrens-1256840_1280

低コスト

LCCのメリットと言えば、やはり一番最初にイメージするのは価格が安いことでしょう。

レガシーキャリアの同路線と比べて、半分から数分の一程度の価格で搭乗出来ます。

またセールをうまく利用すれば、数百円~数千円でチケットを購入できる事もあります。

ただし提供されるサービスが少ないから料金が安いのは、先ほど述べたとおりです。

そのため何でもかんでもオプションでサービスを追加してしまうと、料金は割高になります。

またお盆や正月など繁忙期は、レガシーキャリアと比べても特に安くないのも事実です。

過剰なサービスがない

航空券が安い理由でもある無料サービスの少なさですが、不必要なサービスを受けなくて済む事がメリットでもあります。

機内食を注文していなければ食事の時間も放っておいてくれるため、睡眠を邪魔されることもありません。

LCCは主に近距離移動に利用されるため、食事は事前に済ませておけば機内では必要ありません。

むしろLCCは深夜便も多いため、ゆっくりと睡眠に当てる方が大事だと思います。

私としては、良い意味で放置してくれるのが嬉しいポイントです。

所要時間は変わらない

レガシーキャリアもLCCも到着までにかかる時間は変わりません。

飛行機の機種によって巡航速度は基本的に同じなので当然です。

余談ですが、かの有名なビル・ゲイツ氏も飛行機移動の際にファーストクラスやビジネスクラスは利用しないそうです。

理由は、エコノミークラスでも移動にかかる時間は同じだからです。

同じ時間がかかるのであれば、安いほうで良いというのが持論だそうです。

LCCのデメリット

child-594519_1280

座席が狭い

LCCでは搭乗人数を増やすために、1つの席の幅を若干狭くなっています。

そのため高身長の方は窮屈な思いをするかも知れません。

航空会社や飛行機の機種によっても違うため、一概には言えませんが身長175cm以上の方は少し狭いと感じると思います。

私は身長180cmですが、やはり狭さは感じます。

しかし全く寝れないほど狭いと感じた事は、ほとんどありません。

ただし経験的に最後部の座席には注意が必要です。

リクライニングがほとんど出来ずに狭い座席で苦しんだ覚えがあります。

欠航・遅延での補償が少ない

レガシーキャリアでは、欠航や遅延の際に宿泊用のホテルや振替便を手配してくれるのが一般的です。

しかしLCCでは、基本的にはそういったサービスを期待できません。

もちろん返金はしてもらえますが、対応はそこまでです。

その後の対処は、搭乗者自身で考えなければなりません。

ただし一部には欠航や遅延に対する補償サービスがあるLCCも存在します。

例えば、ジェットスターでは延泊分の宿泊費は負担してくれますし、スカイマークでは振替便の手配をしてくれます。

LCCに対するイメージと真実

pensive-female-580611_1280

一般的なLCCに対するイメージと、それに対する真実についてお答えします。

欠航や遅延が多い

欠航や遅延は、当然レガシーキャリアでも起きます。

しかしそれに比べてLCCで多いのは事実です。

その理由は、LCCでは少ない数の飛行機で複数の路線を運航しているためです。

例えば、羽田発の那覇着、那覇発の大阪着、大阪発の札幌着、札幌発の羽田着のように複数のルートを一機の飛行機で回っているのです。

そのためどこかで遅れが出ると、後ろの複数の便で遅れが生じてしまうのです。

また当然予備の飛行機も少ないため、急な機材トラブルがあった場合に代替機として利用できる飛行機がなく欠航となってしまう事があります。

これがレガシーキャリアの場合だと、運航ルートに余裕があるため合間に遅れを取り戻せますし、予備機での運航で欠航を防げる事が多いのです。

安全性が低い

料金が安いため、整備が手抜きではないのかという声を聞きます。

しかし国際的な整備ルールもあるため、必ずしもそうとは言えません。

むしろ各航空会社の安全性を格付けしているAirlineRatingsの調べによると、LCCよりも安全性が低いレガシーキャリアさえも存在します。

例えば、ANAが筆頭株主であるピーチ・アビエーションは、ANAの実質子会社に近い立場でもあるためANAの整備部門がピーチ・アビエーションの整備を行っています。

またジェットスターの親会社は、世界で三番目に古い歴史を持ちながらジェット機の墜落事故を起こした事がないカンタス航空です。

そのカンタス航空が子会社であるジェットスターの整備に手を抜かせるはずがありません。

そのためLCCは料金が安いから整備が不十分で、安全性が低いとは言い切れないのが分かると思います。

逆に安全性は航空会社によるため、レガシーキャリアの場合でも油断は出来ないとも言えます。

LCCの賢い活用方法

children-593313_1280

ではLCCに関する知識が増えてきた所で、上手にLCCを利用するコツを紹介します。

片道路線で利用する

レガシーキャリアは普通は往復便での利用が前提とされています。

そのため片道でチケットを購入すると、割高となります。

しかし旅行のルート上で、片道チケットを取りたい場合もあります。

そんな時にLCCで片道の航空券を取りましょう。

LCCの場合には一回の搭乗単位で価格が設定されているため、片道でも割高になることはありません。

また途中に陸路移動などを挟んで、行きと帰りで利用する空港が違う場合にも便利です。

近距離移動で利用する

席の狭さで長時間の辛い思いをしないためにも、LCCは主に近距離移動で利用しましょう。

元々LCCが近距離移動をメインに考えられているため長距離路線自体が少ないのもあります。

しかし10時間を超えるフライトも存在はしますが、避けるのが無難です。

例えば、日本発であればアジア圏内はLCCで良いですが、ヨーロッパやアメリカ路線はレガシーキャリアを利用しましょう。

逆にヨーロッパに着いてから、EU圏内で複数国を周遊する場合にはLCCを利用することで費用を抑えることが出来ます。

レガシーキャリアと上手く併用すれば、快適性とコストパフォーマンスのバランスを取ることが出来ます。

仕事終わりに深夜便を利用する

LCCには夜発の国際線が多く設定されています。

なぜならば、日本国内の空港のほとんどが深夜の時間帯に離着陸を出来ないためです。

そこで夜発の便を深夜に発着可能な海外の空港に向けて飛ばすことで、無駄なく効率的に運航出来るのです。

その夜発の国際線を、社会人の方は仕事終わりに上手に利用しましょう。

例えば台湾であれば、夜発の便は夜中のうちに到着するため、到着後に少し仮眠を取って朝から活動も可能です。

もちろん学生の方や節約したい方も、深夜便は価格が安いためオススメです。

まとめ

今回はLCCの基本から良い点・悪い点、上手な活用方法までを説明してきました。

LCCは何も考えずに利用すると、レガシーキャリアと比較して悪い点ばかりが目立ってしまうかも知れません。

しかしメリット・デメリットを理解して上手に利用すれば、お得に旅行出来るのがLCCの特徴です。

また予約のタイミングも重要なため、パッと思いついた時に予約をしても、LCCの真髄である低コストの恩恵を受けられるかは分かりません。

予約した翌日に大規模なSALEが組まれる可能性だって有ります。

可能であれば日頃から情報収集をしておき、お得なSALEを見つけたタイミングで航空券を購入するようにしましょう。

LCCのSALE情報は、各航空会社の公式メルマガやTwitterなどで見ることが出来ます。

私も以前紹介したサプライスとAirAsiaのSALEの同時利用など、特別にお得なSALEを見つけた時には随時紹介していきます。

ちなみにその時の記事はコチラです。

マレーシア往復13,480円!Surprice!とエアアジアのダブルSALE!
先日、Surprice!(サプライス)の最大7,000円引きSALEをご紹介しました。 こちらのセールの予約期間が明日7月10日までで...

※こちらのセールは既に終了していますので、ご注意下さい。

LCCなんて嫌だと毛嫌いする方もいますが、LCCを利用して浮いた費用で現地で美味しい食事をしたり、ホテルをアップグレードしても良いでしょう。

是非LCCを上手く使いこなして、旅上手になって下さい。

以上です。