Amazonキンドルに漫画モデルが登場!保存容量が増えて大量の漫画を保存できます。

スポンサーリンク

Amazonが販売する「Kindle Paperwhite」にコミックを読むのに最適化された「Kindle Paperwhite マンガモデル」が登場しました。

カラーはいつもながらのホワイトとブラックの2色展開のようです。

では今までの「Amazon Kindle Paperwhite」と比べて、何が変わったのでしょうか。

スポンサーリンク

ストレージ容量が8倍!!

マンガモデルでは、ストレージ容量が既存モデルの4GBと比べて8倍の32GBに増えています。

32GBのストレージ容量だと、マンガを約700冊、書籍なら数千冊が保存可能なようです。

ただ個人的には、どうせならmicroSDなどの外部ストレージのスロットを追加して欲しかったなと思います。

ページめくりのスピードが33%アップ!

「快速ページターン」でマンガのページをめくる速度が33%上がったようです。

ただし33%の速度上昇では、体感でどこまで違いが出るのかは疑問です。

また「連続ページターン」と呼ばれる、画面を長押しすることでページが高速で切り替わる機能が、旧モデル含めシステムアップデートによって搭載されるようです。

お気に入りのシーンまで簡単に飛ばし読みが出来るので、さらに紙のマンガを読むのに近い感触で読む事が出来ます。

その他の機能は変化なし

上記以外の機能は、基本的には既存モデルと同じです。

ただし3G搭載モデルがないので、Wi-Fiモデルのみの発売のようです。

まとめ

ストレージ容量が増えることで、漫画を読むのに最適化された「Amazon Kindle Paperwhite マンガモデル」はキンドルで漫画をよく読む方にオススメです。

価格は18,280円と既存モデルより2,000円高いだけなので、現在「Kindle Paperwhite」の購入を検討していた方は、ストレージ容量の多いマンガモデルの購入を検討して良いと思います。

またAmazonプライム会員であれば4,000円割引で購入できるので、14,280円で購入可能です。

私を含めた既存モデル利用者は、買い替えまでの必要はないと思います。

Kindleを買ったら読書ライフが驚く程快適になった話
既に発売から数年経ち特に目新しさもないですが、2ヶ月ほど前にKindle Paperwhiteを購入しました。 買ってみたら驚くほど読...

以上です。