「琉球 酒豪伝説」が非常に良い。二日酔い対策をヘパリーゼから乗り換えました。

スポンサーリンク

深酒をする前にはいつも飲んでいた「ヘパリーゼプラスII」

普段のお酒の席だけではなく、飲酒が増える旅行に必ず持っていく常備薬としても活躍していました。

必ず準備しておこう!私が海外旅行に持っていく常備薬を紹介します。
今回は海外旅行中に急な体調不良に襲われた時のために、私が常備薬として旅行中に携帯している市販薬を紹介します。 私の過去の経験から短期~...

でも最近、友人から「琉球 酒豪伝説」とても良いと勧められたので購入して試してみました。

まずはお試しなので、6包入の一番小さな物を選択。

6回分を使い切ったので、現時点での感想をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

果たして酒豪伝説の効果の程は…

まず一番大事な結果を先にお伝えすると、私個人の感想では「二日酔いの対しては非常に効果がある」と感じました。

朝方までの深酒もありましたが、翌朝には二日酔いを感じずスッキリ起きることが出来ました。

(100%酒豪伝説のおかげではないとは思いますが。)

ちなみに飲むタイミングは、飲酒前でも飲酒後でもどちらでも良いと思います。

コスパはヘパリーゼに軍配

ちなみに一回当たりの費用で見ると、ヘパリーゼの方が若干コスパが良いです。

現在の価格で、

ヘパリーゼ:約50円/回

酒豪伝説:約80円/回

くらいです。

こう見るとそこまで大きな違いはありませんが、年間で見れば数千円くらいの差にはなるかも知れません。

(おおよそで言うと、週2で飲んだら年間3,000円のコスト差です。)

お酒を飲む回数の中から、二日酔いを気にするほど深酒をする割合を自分で考えてみて下さい。

ヘパリーゼは2錠に対して酒豪伝説は10錠くらい?

細かく数えていないため分かりませんが、酒豪伝説は1包内に小さいラムネ程の粒が10個くらい入っています。

私はそこまで気になりませんが、薬など錠剤を飲むのが苦手な人には辛いかも知れません。

私もヘパリーゼなら水なしでも問題なく飲めますが、酒豪伝説は水なし飲むのはちょっと辛いです。

まとめ

まだ4回分しか試していませんが、とりあえず私は「琉球 酒豪伝説」をリピートすることにしました。

日常的にお酒を飲む機会が多い方や、これからの花見シーズンにもオススメです。

まだ随分先ですが忘年会シーズンにも。

ただ酒豪伝説やヘパリーゼを飲んで、お酒が強くなるわけではないのでご注意を。

以上です。