タウンWi-Fiがアメリカ国内の無料Wi-Fiにも対応して、ますます便利になっていく。

スポンサーリンク

簡単に無料Wi-Fiスポットに自動で接続してくれる便利アプリ「タウンWiFi」が、アメリカ国内の無料Wi-Fiにも対応したようです。

私も昨年秋頃に存在を知ってから使用しているのですが、とても便利で重宝しています。

ただ今まで私の中でタウンWiFiは日常のライフハックアプリという位置付けでした。

しかし今後タウンWiFiの海外展開が本格的になってくれば、旅行中のトラベルアプリとしても重宝すること間違いなしです。

スポンサーリンク

タウンWiFiとは

無料WiFiスポットに自動接続

タウンWiFiは、日本全国各地にある無料Wi-Fiスポットを接続するスポットを簡単な事前登録をしておくだけで、自動で接続&認証してくれるWi-Fi接続アプリです。

Wi-Fi接続するために自分でアプリ起動する必要もなく、Wi-Fiの接続範囲内に入ると勝手に接続してくれます。

そのためデータ通信量の節約に役立つと昨年話題になったアプリです。

暗号化されたVPN接続でより安全な通信を可能に

先月には通信を暗号化したVPN接続にも対応し、セキュリティ面の安全性も高まりました。

一般的な無料Wi-Fiは、通信が暗号化されずにデータ通信の内容を盗み見られる危険性がありました。

しかしVPN接続に対応したタウンWiFiを使うことで、より安全に無料Wi-Fiを利用出来ることになります。

アメリカで海外対応は2カ国目

今回アメリカ国内での無料Wi-Fiスポット接続に対応しました。

アメリカ対応の詳細

開始時期:2017年4月3日(月)

対応Wi-Fi:100種類・100万スポット

【交通】サンフランシスコ国際空港、ロサンゼルス国際空港、グアム国際空港

【飲食】スターバックスコーヒー、マクドナルド、ピザハット、バーガーキング、ダンキンドーナツ、タコベル、クリスピークリームドーナツ

【公共】サンフランシスコWiFi、ハワイWiFi、サンタモニカWiFi、アラモアナセンターWiFi、ハレクラニWiFi、DFS WiFi、ワイキキWiFi

【通信】att、Verizon、T-mobile、TWC、xfinity

【その他】シティバンク、バンク・オブ・アメリカ、ウォルマート

上記以外にもたくさんあります。

もちろん見ても分かる通りアメリカ本土だけでなく、ハワイやグアムも対応地域に含まれていますので、これら地域へ海外旅行する場合も利用可能です。

その他の国の対応状況

タウンWiFiの日本国外でアメリカ以外の対応状況で言うと、昨年11月に韓国の一部Wi-Fiスポットに対応しています。

仁川国際空港、金浦空港、Caffe bene(カフェベネ)、ソウル市WiFi、T Free WiFi(SKテレコム提供)などが利用可能です。

まだ日本以外には韓国・アメリカの2ヶ国と対応する国は少ないですが、十分重宝すると思います。

しかし今後の海外展開の広がり次第では、タウンWiFiが海外旅行者必須のアプリになるかも知れません。

以上です。