ダイエット中にオススメ!オールブランとプロテインで手軽で美味しい朝食

スポンサーリンク

最近はジムへ早朝から行くようにしているのですが、

トレーニング終わりに手軽にタンパク質と炭水化物を摂取出来る方法を突き詰めていったところ

ようやく1つの答えが出ました。

ダイエット中や筋トレをする人にとって最強の朝食は、

オールブラン+無脂肪牛乳+プロテイン(チョコレート味)

で間違いありません。

また詳しくは後で説明しますが、これで一食を済ませると脂質を極端に低く抑えることが出来ます。

スポンサーリンク

ズボラな私は3つ全て混ぜる!

オールブラン+無脂肪乳

プロテイン+無脂肪乳

この2つの組み合わせは至って普通な組み合わせ。

でもどうせ両方に無脂肪乳を使うなら「混ぜても美味しいのでは?」と思ったのが始まり。

結論を言ってしまうと、チョコ味のシリアルになって普通に美味しい!

なんなら普通に食べるより美味しいので、最近はこの食べ方しかしていません。

作り方も混ぜるだけで簡単!

作り方も混ぜるだけなので、とっても簡単。

無脂肪乳をプロテインシェイカーに注ぐ

無脂肪乳の量はお好みですが、普段プロテインを飲むのと同じ200mlがちょうど良いと思います。

100mlにすると少しドロっとする感じになるので、お好みで調節して下さい。

今回はタカナシ乳業さんの無脂肪乳で作りますが、お好きなメーカーの物をお使い下さい。

チョコ味のプロテインを入れて混ぜる

次にチョコレート味のプロテインを投入します。

チョコレート以外のフレーバーで作った事がないので他の味は分かりませんが、ここもお好みでどうぞ。

私はOPTIMUM NUTRITIONの100% Whey Gold Standard ダブルリッチチョコレート味を使っています。

ホエイプロテイン(WPI)はOPTIMUM NUTRITIONの100% Whey Gold Standard ダブルリッチチョコレート味が美味しい
先日、「OPTIMUM NUTRITION(オプティマムニュートリション) 100% Whey Gold Standard ダブルリッチチョ...

入れたらシェイカーを振って混ぜます。

シェイカーにオールブランを投入

最後にプロテインを混ぜたシェイカーへ直接オールブランを投入すれば完成です。

一応、デジタルスケール(電子はかり)で1食分40gを計ります。笑

後はスプーンで軽く混ぜて、私はシェイカーからそのまま食べてしまいます。

1食当たりでの圧倒的な脂質の低さ

エネルギー量とPFCの数値も非常に優秀なため紹介します。

ケロッグ オールブラン フルーツミックス

1食分(40g)当たり

エネルギー:144kcal

P(タンパク質):2.8g

F(脂質):0.7g

C(炭水化物):34.2g

タカナシ乳業 おいしい加工乳 無脂肪乳

200ml当たり

エネルギー:76kcal

P(タンパク質):7.6g

F(脂質):0.2g

C(炭水化物):10.8g

OPTIMUM NUTRITION 100% Whey Gold Standard(オプティマムニュートリション 100% ホエイゴールドスタンダード) ダブルリッチチョコレート味

1スクープ(30.4g)当たり

エネルギー:120kcal

P(タンパク質):24g

F(脂質):1g

C(炭水化物):3g

合計

エネルギー:340kcal

P(タンパク質):34.4g

F(脂質):1.9g

C(炭水化物):48g

となり炭水化物とタンパク質はしっかり確保しつつ、脂質を極限まで抑えることが出来ます。

ただし人間の体には脂質も多少なりとも必要ですので、脂質を全く取らなければ良い訳ではありません。

そのため私は筋トレ後の朝食以外にも、脂っこい食事を取る前後の食事で活用してトータルでの脂質摂取量のバランスを取るようにしています。

(例えば、焼肉・中華料理など脂質が多い食事をする日の朝食べた翌日の朝にオススメ!という事です。)

まとめ

以上が、ダイエット中・減量中の方にオススメするオールブランとプロテインで取れる手軽で美味しい朝食の話です。

現時点でタンパク質と炭水化物を取りながら脂質を抑えるための私の究極メニューが、この「オールブラン+無脂肪乳+プロテイン」の組み合わせです。

さらにタンパク質の量を追加したい時は茹でたササミを、炭水化物の量を追加したい時はサルタナレーズンを追加で食べる事もあります。

私と同じように脂質を抑えた減量をしている方は、是非お試しください。

以上です。

減量中の食事管理方法と頻繁に食べている食品・食材
現在、食事制限をしながらジムに週3~5回通い、筋トレや有酸素運動をしながらダイエットをしています。 ちなみにジムに行くのは、仕事を終え...